[20日目]プロボクサーの減量について


本記事は、Cerevoスタッフが業務や趣味について思うままに書き綴るアドベントカレンダー企画「Cerevo アドベントカレンダーTechBlog 2018」の第20日目です。

Cerevo アドベントカレンダーTechBlog 2018
http://tech-blog.cerevo.com/archives/category/adventcalendar/2018/

はじめまして。社長室のMilkです。
ちょっと昔に格闘技をしていた経験から、ボクサーの減量方法についてお話させていただきます。

みなさん、ボクサーの減量といえば…「立つんだジョー!!」でお馴染みの明日のジョーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
サウナスーツを身にまとい、ストーブの前でひたすら汗をだす。
そんな姿を浮かべている方が多いなと思います。
実際、私も初めて減量したときは、そのイメージがすごく強くて、不安で怖かったです笑

そんな私も減量を何度か繰り返すことで減量って辛いけど…そこまで辛くないモノになりました。
今回は、なにも知識のないプロデビュー戦の減量とだいぶ知識が増えたのに辛かった減量の2本立てでお届け致します!!

あ、はじめに!!
よく、体重の落とし方おしえてください~!!!と言われます。
でも私が教えられるのは、基本的にはダイエット方法です。減量ではありません!!!
ボクサーが減量した体重をキープする期間は選手にもよりますがせいぜい多くて2、3日です。

試合の前日に計量を行いますが、試合当日にはこれもまた選手によりますが多い選手で8kg以上増やして試合に臨むことがあります。(たった1日でこんだけ増えるんですよ…)
簡単にまとめると、ボクサーはこうや豆腐です!
カラッカラになるまで減量した体ですが、水を含ませるとすぐ増える!!
(なんかあまり例えがうまく行っていないような気はしますが…)

それでは行きましょう!

プロデビュー戦!!
契約ウェイト(50.0Kg)

契約ウェイト…ボクシングは様々な階級(フライ級・バンタム級とか…???)がありますが、相手陣営との交渉で、自分と違う階級の選手と体重を決めて試合をすることができます!

ボクシングの減量について全く知識のないまま試合が決まりました。
もともと昔からスポーツをしてきた私ですが、体重制限があるスポーツはしたことがありませんでした。
ひたすらご飯を食べ、ひたすら練習。そんな私はそもそも体脂肪率が高くはなく、体重を落とすことに不安しかありませんでした。

体脂肪率…体内に含まれる脂肪の重量の割合のこと。
適正体脂肪率…体脂肪率は、低ければ低いほど良い、というものではなく、低すぎると体温の低下や筋力の低下(筋肉を分解してエネルギーを作り出すため)を招くことがあります。女性の場合はホルモンバランスの異常から、生理不順や早発性閉経を招くことがある。

減量前の体重は54.7kg
計量する時に着る服の分も込み込みなので、実際は49.7kgまでの5kgの減量でした。
筋肉は落とさず脂肪と体内の水分で落とします。

とりあえず無知な私は調べることもせず、行ける!!と思って2週間前までは油が多く使われる料理は控えて、ご飯と鶏肉、野菜だけを食べ続けました。
量はいつもお茶碗山盛りのところお茶碗半分。
もちろん、私の大好きなラーメンとカフェオレは封印しました。笑

なんと、二週間前になり、体脂肪率を測ると15%
残りの体重はというと…あと2.7kg。
あ、あれ?思ったより落ちていない…
体脂肪率もこれ以上落とすと女性ホルモンバランスが崩れる…
そんな私に追い打ちをかけるように、女性ならわかるかと思いますが生理前の爆食いしたい欲が…。笑
残り2週間なのに生理前で思ったより全然体重が落ちないのです。
でもやるしかない!2週間前の食事はざっとこんな感じ。

朝:7時にバナナ1本、オレンジ1個
昼:ご飯(お茶碗半分くらい)、納豆、
力が出ないときはゆで卵1個追加で食べてました!
夜:鳥のささみ300g味付けはポン酢か塩コショウ
キャベツ、ブロッコリー、ウインナーのポトフのみのときも。

練習は朝のランニング1時間程度、昼仕事をして夕方から3時間程度のジムワーク。
ヘトヘトで帰ってきても炭水化物(エネルギーの基本)が食べられないのですぐ寝て起きてまた朝のトレーニング。

気づけば明日が計量日。残りは2kg。男子ボクサーしか話せる先輩もおらず…
全然よゆーだよ。2kgなんて水で抜ける!ひたすら汗でだす!!
サウナスーツに身をまとい…

こんな感じ
首からかけているタオル、1度絞りました。ジャーって。汗が…

動かなくても自然と汗がでるような暖房全開のジムでひたすらシャドーボクシング、トレーナーとのミット打ちとサンドバック。
ヘトヘトなまま座り込んで2時間。
もう上がっていいと言われ更衣室の体重計に乗ると…
な、な、なんと体重リミットより+100g!!
最終日1.9kg汗で出しました。
体内の水分がない状態で家まで自転車で10分。
何も食べない。何も飲まずに計量日を迎えました。
げっそりした私。がむしゃらに言われるがまま体重を調整した私は、女性の減量ではなく、男性ボクサーの減量方法で減量したばかりに、
ぼーっと軽い脱水症状のまま計量をし…なんと50.0kg契約なのに49.6kgで計量をパスしました。
昨日の夜100gオーバーだったところから、500g落ちていました。
(ん??意外と体重落ちるじゃんか~)
なんか訳わからず不安なまま計量日を迎え、はじめての計量は軽い脱水症状で終わりました。
もちろん、試合までの約1日、好きなだけ飲み、好きなだけ食べまくり試合当日の体重はなんと52.3kg約3kg増えておりました!

あ、試合はKO勝ちでしたー!!

長いですかね…?
はい、それでは次に一番体重を落としたときのお話をさせていただきます!

だいぶ試合も経験し、専属のフィジカルトレーナーも付け、環境バツグンでのぞんだ
ミニマム級(47.6kg)

普段の体重は経験を活かし、53kg前後に押さえておりました。

体脂肪率は13%をキープ。
デビューから週6の練習をしてきた私は筋肉量が増えました。

今回の減量は計量日の服の分を含めて約6kg
デビュー戦より体脂肪率は2%減なので、
フィジカルトレーナーと相談し、厳密に計算してもらいました。
体内の水分は抜いても体に異常が出ない量が体型を考慮して計算で出ます。
ちなみに身長164cm、体重当時50kg前後で約2.1kgは汗で出しても体に異常がありません!

昔のボクサーや、トレーナーは体脂肪率など測ることはなく根性!
食べずに、過度に水を抜くような減量方法をとっておりましたが、現在のボクサーの多くはギリギリ(計量日2~3日前まで)タンパク質をしっかり取りつつ
体重を体組成計で図りながらどこまで体脂肪を落とし、どこからどのくらいを水分で落としていくか見極めます!

私は計量日1日前までに49.7まで2ヶ月前からゆっくり落としていきます。
ざっと一日の流れはこんな感じ

朝:
トレーニング
7時からフィジカルトレーニング・ランニング・ストレッチ2時間
食事
スムージー(葉物が多い・りんご・水)250ml
これが至福の糖分摂取ですね。りんごってホント甘い…

昼:
トレーニング
12時30分から30分のストレッチ
食事
14時ジャストに納豆に生卵、ご飯(約100g)、
野菜のスープ1杯(キャベツ、玉葱、春菊などをコンソメで味付けしたもの)
そんなに料理に手間かける時間があったらストレッチ!!!

夜:
トレーニング
トレーニング前にサプリメントBCAA摂取
17時から3時間のトレーニング
トレーニング後にサプリメントBCAA・グルタミン摂取
20時からフィジカルトレーナーの体のメンテナンス(週2回)
食事
トレーニング終了後シャワー浴びたあとに鳥のささみ(約150g)
22時、帰宅後に生野菜のサラダ(レタス4枚程度、トマト1/2、玉ねぎ1/4)ポン酢で。
これが、毎日だとほんとにささみが美味くも不味くもない摂取するモノになる。

こんな毎日をしていると嫌でも体脂肪は減っていきました。
そしてここから!!
計量日3日前からは、2.1kgの水抜きに備えます。
カリウムが多く含まれている物を食べ、塩分は全カット。

食事はざっとこんな感じ。
朝:水。ただの水。ひたすら水。
昼:醤油なしの納豆1パック。これがまずいほんとに。
夜:塩分なしのレーズンとアーモンドをお茶碗半分くらいこれはうまいが水分ほしい…

なぜ塩分をカットするのか…
塩分(ナトリウム)は血液の浸透圧を一定に保つために血液中の水分が増える働きがあります。
よって結果体内の水分量が増える水抜きの逆効果ってわけです。

そしてその塩分(ナトリウム)を除去する働きがあるのはカリウムです!!
納豆、素焼きナッツ、切り干し大根、レーズンなどたくさんありますが…
とにかく計量前日に2.1kg落とすにはカリウムに頼むしかない!!!!!

これまたサウナスーツを着て約2時間、ひたすら自転車型トレーニング器具で汗を出します。
疲れない程度に余力を残しフィニッシュ!

の予定でしたが、そもそもこの階級まで落としたことがない私は家のお風呂で脱水症状で一瞬意識が飛びました。笑
ルームシェアしている友達がいたのでなんとかなりました…

普段の減量では計量前日は大体、家に帰るまでに100g減り、寝て起きたら200g減る。
そうすると計量で着る分の300gもクリア!!

ということで計量までは何も食わず飲まず!!
と思っていたら寝て起きたらなんと300g減っておりました!
チャンス到来!!
瓶のオロナミンC(120g)を計量の会場後楽園ホールまでの道のりで飲み干せる!!

このときは体脂肪率9%でした。笑
起きて飲んだオロナミンCのおかげでミニマム級リミットの47.6kgジャスト!

試合は判定勝ち!(ヤッター!!!!)

皆さんに忠告です。
人間は基礎代謝というものがあります。

基礎代謝…生命維持のために最低限必要なエネルギー量で、1日の総消費エネルギーの約70%を占めています。
1日に必要なエネルギーは、基礎代謝×10/7(≒1.43)で求められる。その約40%が筋肉で消費されるので1日の消費エネルギーの約30%が筋肉での消費となる。

頑張らなくても生きているだけでエネルギーは消耗します。
痩せたい!!
痩せないと!!と思っている方。
まずは自分の体がどのくらいのエネルギーを必要としているのかを確認すること。
そのあとに、食生活を見直してどのくらいのエネルギーを摂取しているのか一度見てみてください!

基礎代謝分以上にエネルギーの摂取をすれば当然太ります。
しかし極端に基礎代謝よりも減らしてしまうと筋肉量が減ってしまいます。
しっかり炭水化物も取りつつ脂質を抑え、適度な運動が一番綺麗なダイエットだと、ほんとに思います。

世の中に出回っている食品の殆どがカロリー表示をされている今、自分がどれくらいカロリー摂取しているかぜひ確認してみてください!!

めちゃめちゃ長くなりすみません。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございます!!!

ちなみに格闘技を辞め、炭水化物が美味しくて美味しくて。
甘いものが美味しくて美味しくて美味しくて…ストレス太りです。減量なんてやるもんじゃないですね。笑

やっぱり、規則正しく食べて、食べた分運動するのが一番です。
みなさんも無理な減量はやめましょう。

以上、Milkでした。

投稿者プロフィール

Milk